花が終わった胡蝶蘭のお手入れ方法

胡蝶蘭は何度も開花します。

胡蝶蘭は管理が難しいと思われがちですが、実は生命力の強い植物です。お花が咲きおわった後にもお手入れ次第では何度でもお花を楽しむことができます。

お花が終わった胡蝶蘭を、再び咲かせる(二番花の開花)方法をご紹介します。


ステップ 1 支柱のテープを外す

カッターナイフを用意します。 
室内で行う場合は水苔が落ちる事もありますので、下に新聞紙などを敷かれるといいかと思います。 

株と茎を支えていた支柱のテープにカッターナイフで切れ目を入れて綺麗に外します。 
※手などを切らないように十分にご注意ください。


ステップ 2支柱を抜く

株と茎を支えていた支柱を抜きます。 
花が動かないように支柱がしっかりとささっていますので、片手で株元を押さえて支柱を引き抜きます。 


ステップ 3 茎をカット

胡蝶蘭の株には節がついています。 

その節を下から数えて3~4節ほど残し、その上を斜めにカットします。 

3節目が黄色い場合は新しい芽は出てきませんので、更に上の4節目の辺りでカットします。

 

手などを切らないように十分にご注意ください。

 


二番花が咲くまで

 

株が元気で温度が20℃前後に保つことが出来れば1~2ヶ月で節から芽が出て、数ヶ月で開花します。但し、品種によっては開花が難しい胡蝶蘭もあります。

二番咲きを成功させるには置場所や温度管理・水やり、植え替えなどのその後の管理も重要となります。 

 

花芽の成長は、胡蝶蘭がお客さまの住まいの環境に慣れてからとなります。 場合によっては、2~3年ほどかかることもあります。

 

 


今回は各1、2輪残った状態の胡蝶蘭を処理しましたが、完全に花が落ちる前の方が株への負担が少ないため、二番花が開花しやすいです。切花として胡蝶蘭をお楽しみいただき、次の開花を待つという楽しみ方もお勧めですです。