胡蝶蘭の基本的な育て方

置き場所・光について

 

胡蝶蘭は、熱帯のジャングルの高い木に着生して生育します。原産地の環境に近づけることがポイントです。日当たりの良い風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。直射日光に当たると葉っぱが焼けて枯れてしまうので、窓際に置く際はレースのカーテン越しに日光を充分にあてましょう。

屋外は気候に左右されますのでお勧めしておりませんが、置く場合は冬の寒い時期を避け、木陰や遮光ネットで日差しを避ける様にしてください。

ポイント

  • 木漏れ日の差し込む明るい日陰に置きましょう。
  • 室内でしたら直射日光をさけて風通しの良い場所にしましょう。

 

NG

  • 直射日光
  • エアコンや扇風機の風
  • 果物の近く(エチレンガスが花を萎れさせます)

温度・湿度について

原産地は高温多湿な環境ですので、夜間は18℃位、日中は25℃位がベストです。可能な限り20℃前後に保つことが理想です。

温度が上がり過ぎても下がり過ぎても枯れる原因となりますので空調の温度管理は重要なポイントとなります。

胡蝶蘭に直接冷暖房が当たると乾燥で花が痛みますのでご注意ください。

 

ポイント

  • 温度は18°C~25℃前後保つようにしましょう。

水のあげ方

水をあげる目安は、鉢植えの表面を指で押して水苔の表面全体が完全に乾いてからです。季節や温度にもよりますが1週間~10日に1度、株の根元にコップ1杯のお水を与えます。1株ごとに与えてください。3株あったら×3杯(株の大きさに合せてお水の量は減らしてください。)

 胡蝶蘭に負担がかからないよう、常温に近い温度のお水がベストです。

水をあげた後に鉢の底から水が出るようであれば、しっかり水切りをして受け皿の水はそのままにせず捨ててください。

 

水あげは朝に!また水のあげ過ぎに注意!

胡蝶蘭が枯れるほとんどの原因は水のあげ過ぎによる根腐れです。

水のあげ過ぎや、受け皿に水が溜まったままの状態ですと根腐れの原因となりますのでご注意ください。

午後の水やりは避けて下さい。

日に当たる時間が減って湿ったままになります。どうしても水やりが午後になるときは、翌日の朝に水やりすることをおすすめします。

 

 


株元を確認して水やりを

水苔を外した写真です。胡蝶蘭は大きな鉢の中に株がポットのまま植わっています。写真は3本立の胡蝶蘭なので3つの株(ポット)が植わっています。

ポットに入るように水を上げるために、まずは株元を確認してみてください。

※写真のように通気性を良くするため、またポットを固定するために発泡スチロールが入っている場合もあります。


気温が高い時期(冬の暖房の効いた部屋も含む)

 

  • 成長期特(5月~9月)はよく水を吸いますので、しっかり水をあげましょう。
  • 冬の暖房の効いた部屋では、水あげと合わせて、葉っぱに霧吹きなどで水を与えて湿度を調節するようにしましょう。(霧吹きも水あげと同じく朝行い、夕方には乾くようにしましょう。)

 

気温が低い時期

 

  • 冬場の胡蝶蘭はほとんど成長しないので水のあげ過ぎに注意しましょう。
  • 水苔が乾燥しきってから水をあげるようにしましょう。(水苔に指を入れてを直接触って確かめると確実です。)
  • 暖房等で気温が高くなる場合は温度によって水の量や回数を変えるようにしましょう。

 

イント

  • 胡蝶蘭を枯らしてしまう方のほとんどの原因は水のあげ過ぎによる根腐れですのでしっかり乾ききってから水をあげましょう。
  • 1株ごとに常温のお水をあげましょう。
  • 受け皿の水はきちんと捨てましょう。

ラッピングの外し方について

 

お祝い事など綺麗にラッピングをされて頂くことが多い胡蝶蘭ですが、ラッピング材をそのままにしておきますと、中が蒸れてしまい根腐れの原因となります。長持ちさせるためには、早めにラッピング材を外して育てる必要があります。

どうしてもラッピングを外したくない場合は、写真のように鉢底の紙の部分を十字に切って水が出る様にしてあげてください。