植物が求める土のこと

保水性

必要な水分を保つ、水もちのこと

 

排水性

水を外に出す、水はけのこと

通気性

水の間に空気が通ること

保肥性

土に栄養を含ませること


土の種類

赤玉土

コンテナ用の基本土。

大中小のうち草花には中小を。

  • 通気性をよくしたい
  • 土を重くしたい(植物を倒れにくく)

 

腐葉土

広葉樹の落葉を腐熟させたもの。

配合して使用する。

  • 土質をよくしたい

バーミキュライト

蛭石を加工した軽い土。

ほぼ無菌なので挿し木、種まき用に最適。

  • 保水性をあげたい
  • 土を軽くしたい
  • 育苗をしたい

鹿沼土

肥料は含まない基本土。

酸性土。

  • 通気性をよくしたい
  • 土を酸性にしたい
  • 青い紫陽花を育てたい

ピートモス

堆積した水苔や植物が腐熟した土。

基本的に酸性。

  • 保水性をあげたい
  • 保肥性をあげたい
  • 土を酸性にしたい

パーライト

真珠岩を砕いて加工した改良土。

とても軽い。

  • 土を軽くしたい
  • 通気性をあげたい        根腐れしやすいとき

基本のブレンド  = 赤玉土6:腐葉土2:バーミキュライト2

園芸店で売られている培養土とは植物の種類別に配合を変えてブレンドした土のこと。

植物の種類、原産地、植物の生育状態を把握して選択、ブレンドする。


             肥料のこと

  植物三大栄養素

P

リン酸

実、花つきをよくしたいとき

N

窒素

葉や茎を大きくしたいとき

K

カリウム

根のはりをよくしたいとき


 

  • 花には花に 葉には葉に 根には根に効く肥料を与える。
  • 粉末、固形、液体、 即効性、緩効性のものとがある。目的に合った使用を。
  • 肥料を入れるタイミングが大切。                                                                          

肥料をあげるとき 

植え付けのとき 成長するとき

 

あげないとき 

休眠期 冬の寒いとき、夏の暑いとき